最先端 歯周病(歯槽膿漏) インプラント 根管治療なら無痛治療の名古屋駅から1駅伏見「さぶり歯科」

術前術後

JIADSとは、日本で最高峰の専門歯科医師を養成する機関で、当院の院長は東海3県中唯一の講師として、若手歯科医師の育成に精力的に活動しています。


ESC(エクセデント・スタディ・クラブ)
佐分利院長が主宰を務める、スタディクラブです。
名古屋を中心に活動し、名古屋近辺の若手歯科医師があつまり、包括歯科として幅広いテーマを取り上げ、広い視野から理想的歯科医療を追求しています。
隔月開催(1、3、5、9、11月)

はじめに

 当医院は、歯周病治療、インプラント治療、矯正歯科治療、審美歯科治療等、あらゆる立場から総合的に治療する包括治療を行う歯科医院として、愛知県ではNo1であり、全国的にもトップレベルの歯科医院の一つとして認められています。
 また、当院の治療方法は世界的にも評価されています。
院長 佐分利 清信
日本歯周病学会専門医
日本臨床歯周病学会指導医
日本顎咬合学会認定医
愛知学院大学歯学部助教

AAP(アメリカ歯周病学会)会員
日本口腔インプラント学会会員
日本歯内療法学会会員
日本矯正歯科学会会員

診療カレンダー

2016年6

 

2016年7

 

 

1

2 3 4 5         1 2 3
6 7 8 9 10 11 12 4 5 6 7 8 9 10
13 14 15 16 17 18 19 11 12 13 14 15 16 17
20 21 22 23 24 25 26 18 19 20 21 22 23 24
27 28 29 30       25 26 27 28

29

30 31

 

             

 

           


:休診日
7月9日(土)は、学会出張のため休診とさせていただきます。


先ごろ、ビジネス誌に一部の歯科医療を批判するような記事が掲載されましたが、当院の治療は世界でも高く評価されています。

 

当院に来院される患者様の特徴

1. 医師・歯科医師や看護師など医療関係者も多く来院されています。

2. 重症で他院では治療が難しいと言われた方。

3. 米国人または、米国で治療を受けられた日本人の患者様。

4. 質の高い治療を求める重度の歯周病があり、矯正治療や精密な補綴治療が必要な、すなわち包括治療が必要な患者様。

5. セカンドオピニオンとして相談される患者様。

当医院では上記のような患者様をお待ちしています。

また、名古屋市中区の当院の近隣にはシティホテルやビジネスホテルが数多く存在し、最近では一泊食事付きで10,000円以下で泊まれるところも多くなってきました。

他府県から来院された患者様でも、手術を受けられた後、一泊二日で次の日に消毒をしてご帰宅されるといったようなサービスも行っており、大変ありがたいという評価を頂いております。




佐分利院長のこだわり(New blog articles)

顎顔面-包括歯科治療フォローアップコース (6/3)

第5回中部JIADS講演会 JIADS理事長浦野智先生講演(4/4)

ESC1月例会・中部JIADS合同特別講演会(貞光先生講演会)(1/31)

JIADS総会 Dr Anton Sculean 特別講演(12/9)

ESC11月例会 若井友喜技工士講演(12/4)

AAP参加、ISPPSで講演(11/30)

海外講演予演会 JIADS東京(11/10)

JIADSペリオ・インプラントアドバンスコース(10/5)

株式会社デンタリード バイオオスセミナー (9/4)

日本臨床歯周病学会(仙台)(7/20)

Dr.SABURIのアートコレクション(6/22 Facebook)

 最近の院長の講演


第5回中部JIADS講演会
平成28年4月3日(日)
名古屋 栄ガスホール
終了いたしました。
講演会風景はこちら


顎顔面-包括歯科治療4日間コース
第1回目 平成28年10月22日・23日(土・日)
第2回目 平成28年11月19日・20日(土・日)
ジンマー・バイオメット・デンタル株式会社 東京本社
詳細はこちらをご覧ください。


過去の講演  

2015年4月19日 デンタリード Bio-Oss/Bio-Guide アフタヌーンセミナー

2015年5月13日 JIADS東京 勉強会

2015年7月20日 包括歯科治療セミナー フォローアップコース

2015年8月30日 デンタリード Bio-Oss/Bio-Guide アフタヌーンセミナー

2015年9月13日 第58回秋季日本歯周病学会学術大会 ポスター発表

2015年9月21日22日 顎顔面-包括歯科治療4日間コース 第1回目(院長主宰)

2015年9月23日 デジタルデンティストリーセミナー(院長主宰)

2015年10月4日 JIADS ペリオ-インプラントアドバンスコース講師

2015年10月31日 11月1日 顎顔面-包括歯科治療4日間コース 第2回目(院長主宰)

2015年11月13日 International Society of Periodontal Plastic Surgeons(ISPPS)(アメリカ・オーランド)

2015年12月4日 JIADS Dr Anton Sculean講演会


動画
院長インタビュー動画

名古屋市中区のさぶり歯科は全国的にトップレベルの技術水準を誇る歯科医院です。

当医院の歯周病治療・インプラントの技術水準は世界的にも高い評価を得て、全国的にもトップクラス、東海地区ではNo1の実力である事が証明されました。

 当医院の院長は、長年に渡り国内は勿論、医療先進国の米国一流大学でも積極的に講演活動を行い、海外のトップクラスの歯科医からも高い評価を得てきました。

 2011年11月には米国シアトルにある、ワシントン大学歯学部において包括歯科治療にか関する学術講演を行い、マイアミで開催されたアメリカ歯周病学会の専門分科会においても学術発表を行い米国の歯科界でも、大変高い評価を得ることができました。    

既に日本臨床歯周病学会では指導医として長年活躍してきましたが、昨年は日本の権威である日本歯周病学会の専門医の資格も取得し、公的にもその実力が認められました。

開業医の立場でこれ程アカデミックな活躍する歯科医は非常に稀であり、最近の国内外の講演、論文掲載、スタディークラブの主催等の実績とその内容は、当地区約10,000名の歯科医の中でもNo1、国内でもトップレベル、更に世界的にも通用する実力である事が客観的にも証明されています。

 当医院では通常の歯科医院では治療困難と言われるほど難しい症例でも、エビデンスに基づく包括的かつ専門的な治療を行うことにより、理想的な治療結果を提供することができると自負しています。是非ともクオリティーの高い歯科治療、難易度の高い治療をご希望の方はお気軽にご相談ください。セカンドオピニオンであっても、カウンセリングを通じ、最高の治療方法を提案させていただきます。


さぶり歯科がトップレベルである根拠

1. 開業以来、米国専門医を手本にした、患者中心主義の医院運営を実践する。

2. 積極的に国内外での学会発表、講演活動を行い高い評価を得ている。

3. 学術論文掲載等、執筆活動の量とその内容が高く評価されている。

4. 日本で最高峰の歯科研修機関(JIADS)の講師として活躍している。

5. 日本歯周病学会専門医、臨床歯周病学会指導医として活躍している。

6. 地元でスタディークラブ(ESC)を主宰し、若手歯科医の教育にも活躍している。

7. 地元大学病院とも密に連携し、情報交換を積極的に推進している。

8. 国内外の権威のある歯科学会に全て所属し、研究活動を継続して実践している。

 さぶり歯科のインプラントは安心で安全です

 1. 最先端ハイクォリティーのインプラントマテリアルのみを使用
 2. 3iインプラントメンターとしてインプラント研究の指導者として活躍
 3. 完全に整備されたオペ環境で、滅菌及び消毒を徹底しています
 4. 無痛治療(鎮静法)応用でほとんど寝ている間にOpeが完了します
 5. ステロイド使用で術後の腫れと痛みを最小限におさえます
 6. 歯周病専門医として繊細で正確な形成手術を同時に行います
 7. 見た目も非常に美しく、機能的にもすぐれた精密な補綴物を作成します
 8. 専門の歯科衛生士がブラッシング指導と歯周病除去を繰り返し徹底的に
フォローさせていただきます。

このサイト内をGoogle.comで検索します。

最終更新日
2015年9月4


さぶり歯科アクセスMAP


名古屋市中区錦1丁目20-25
広小路YMDビル2F
TEL 052-221-1777
フリーダイアル 0120-517775

地下鉄東山線鶴舞線伏見駅8番出口
西(名古屋駅方向)へ徒歩1分


大きな地図で見る


診療案内


* 土曜日はPM18:00までです
* 最終受付はAM12:30, PM18:30(土曜日はPM17:30)です。
* 予約の方優先になります。ご了承ください
* 祝日は休診です。ただしその週の木曜日診療いたします。












さぶり歯科の医院案内のサイト


当院で採用している3i社の最新型インプラント


ナゴヤ発、セレブミセスマガジン



年一回発行の愛知、岐阜、三重の美容マガジン
ビューティーメナージュ 2011に掲載された
当医院の記事です。

ビューティーメナージュ 2011

定価:680円

発売日:2011年11月29日

お求めはお近くの書店で



ただいま歯科衛生士、歯科助手募集中


さぶり歯科の歯科治療

歯周病治療

当医院では、重症歯周病の症例でも、徹底した歯周病専門治療を行い、できるだけ抜かないで、完璧な治療を目指します。専門の歯科衛生士がブラッシング指導と歯周病除去を繰り返し徹底的にフォローさせていただきます。

詳細
症例


エムドゲイン


2003年6月


2004年4月
インプラント治療

当医院では、世界で最も多く使われている3i社のインプラントを使用し、徹底した学術活動を通じ、世界水準の最先端技術をご提供いたします。

詳細
症例


コンピュータによる3Dインプラント埋入シミュレーション
口腔(歯周)外科治療

ご希望があれば、麻酔の専門医を当医院にお呼びして、静脈麻酔を用いた、完全に眠っているうちに無痛の外科治療が可能です。

詳細
症例

麻酔専門医による
静脈麻酔鎮静法
(セデーション)

審美歯科治療

歯そのものの色・形態が美しいことだけではなく、歯列・歯並びが美しく歯肉の形態や色が美しく調和しており、歯列が顔貌と口唇に調和しているように総合的にまた健康的に「審美と機能の調和」を目指します。

詳細
症例


美しいスマイル
矯正歯科治療

当院では矯正専門医による診療を行っており、通常の矯正のほかに矯正装置の見えない、歯の裏側から矯正する舌側矯正も行っております。上顎のみ裏側矯正で行うハーフリンガルも行います。上下顎ともにリンガルで行うより経済的です。

詳細
症例



ハーフリンガル
義歯(入れ歯)

当医院では、本義歯を作製する前に必ず仮義歯を作成し、咬み合わせが安定してから本義歯を作成します。本義歯にはブレードティース(刃状になった人工歯)を使用しますので、よく咬めるようになります。

詳細
症例



ブレードティース
精密根管治療(歯内療法)
(神経の処置)

マイクロスコープなどの最新の設備と最先端の技術を駆使し、超精密で高度な治療をご提供いたします。
できるだけ歯を抜かないで長く持たせるように処置いたします。

詳細
症例


マイクロスコープ
精密歯科技工

匠の世界の様に熟練した職人芸の様なスキルの高い歯科技工士と提携して、審美的にも美しい補綴物を製作いたします。


セラモメタルクラウン
包括的歯科治療(Multi-Disciplinary Approach)

当医院の最大の特徴は、上に挙げた専門的歯科治療を全て総合的に行い、口腔内にある問題を正確に診断した上で、全て理想的な状態に治療するシステムです。このような包括的歯科治療を行っている歯科医院は他にはありません。

 
包括的歯科治療の概念と包括治療を行った症例の術前と術後


■セカンドオピニオン制度発足のご案内。

 現在他の歯科医院に通院中だが不安がある、
または診断及び治療についての意見をお求めの方は、
ご相談を受けさせていただきます。但し、一部有料(自費)と
させていただきますので宜しくお願い致します。
尚、電話でのご相談は限りが ございますので、
一度後来院いただいて口腔内を診察させていただいて
からの方がより正確な診断が出来ます。
ご来 院の際は一度電話にてご予約をおとり下さりますよう
お願い申し上げます。




当医院の治療例

74歳女性
重度歯周病の症例です

この症例の治療の詳細はこちら
その他の治療例はこちら


Perio-Implant Centerとしての位置づけ!

日本の歯科治療のスタンダードではなく、米国歯周病・インプラント専門医の成功基準を参考に、世界的に最先端で最高の歯科材料、専門機材、エビデンスに基づく最新の技術をいち早く入手し、当医院の患者様に最高の歯科医療を提供するするように最大限努力いたします。

歯周病(歯槽膿漏)治療

*ぺリオ(歯周病)とは

*ぺリオ(歯周病)治療

*当院の歯周病治療の流れ

歯周病に関するトピックス

*TBI(プラークコントロール)

*PMTC(プロフェッショナル メカニカル ティース クリーニング)

*歯肉再生療法

*マルチディシプリナリーアプローチ(包括的歯科治療)

*メインテナンス

ぺリオ・インプラントセンター

*なぜぺリオ(歯周病)が重要なのか

*歯周病ってどんな病気?

*基本的な歯周治療(包括治療)の流れ

*歯周病(Perio)の概念図

*歯周病治療の種類と順序

Clinical Periodontics歯周病治療

 特に歯周病については、まず訓練された専属歯科衛生士によるプラークコントロールからメインテナンス、PMTCなどを基礎に、当医院の患者さん全てがオーラルハイジーン(口腔内衛生)のレベルが最高になるまでご指導させていただきます。

 軽度から中程度までの歯周病の患者さんに対してはスタンダードの歯周病治療で対応させていただきますが、案外重度歯周炎に移行している患者さんがたくさん来院されます。

 重度歯周炎で複雑な骨吸収を伴うケースでは、歯周再生治療の手術が必要となる場合があり、骨移植、GTR法、エムドゲインR やGEM21Rなどの特殊な薬剤を用いて骨再生を達成する為の特殊な歯周外科処置を頻繁に行っています。

 一方歯周病により歯肉が退縮し歯根が露出し、歯が長くなってしまい審美的に問題がある場合には「歯肉移植術」などの歯周外科処置も、当医院では頻繁に行っています。

 とにかく重症ケースでは、プラークコントロール、歯周初期治療(ルートプレーニングまで)、歯周外科、その他の付加的に行う特殊な技術、最終補綴(セラミックブリッジ等)、メインテナンスのシークエンスで総合治療を段階的に進め、トータルの治療期間は6か月から数年と、症例によっては長期間に及ぶ総合治療が必要となります。

治療前 2006年6月

治療後 2007年1月


インプラント治療

*インプラント治療のメリット
約30年前にスエーデンで登場したインプラント治療は、今や第3世代を向かえ、どんどん革新的な技術進歩を続けています。従来では不可能であった治療が今日では殆ど完璧に治療することが可能となって来ました。インプラント治療は歯及び歯槽骨を失ってしまった患者さんの負担と悩みから開放し、真の健康を取り戻す「第3番目の歯と骨を取り戻す」(乳歯−永久歯−インプラント)ことは、人生を豊かに生きるための必須条件と考えます。

*どんな歯科医に相談すればよいのか
 医師と患者さんの相性や好みを考えると、名医・良医を判断する基準とは多様で難しい部分があると思われます。たとえば口コミでよい先生、沢山の患者が来院する人気がある医院というのも正しい判断基準ではない様に思われます。少なくともインプラントの様な高度な技術を必要とする治療を担当する医師は、十分に学術活動(学会・講演会出張、文献検索、スタディーグループによる研修、海外の最先端情報収集の為の研修、文献作成及び発表等)を行い、最新の設備とシステム、優秀なスタッフを整備し、一人一人の患者さんに十分な治療時間を用意し、治療前・後に十分納得行く説明を行い、更に治療後も治療結果が長期間維持できるようにメインテナンスを通じて一生涯お付き合いのできる歯科医が優秀であると思われます。もしも適切な担当医がいない人は、納得行くまでじっくりと出会うまで探すことをお勧めします。

*どんなトラブルが発生するのか
 勿論全てのケースで完璧な結果が得られることが理想ですが、症例の難易度、口腔内の複雑性、歯科疾患の特殊性、患者さんの生活習慣などにより一度治療した歯科治療が短期間でだめになり、抜歯しなければならなくなったり、再治療が必要となる場合があります。
 インプラント治療は外科的な手法であるので、手術に伴う不快事項、疼痛、腫脹、傷の瘢痕化、感染、損傷による神経麻痺、炎症、インプラント脱落、又は歯科治療的な、咬合不全、不快感、審美障害などが報告されています。リスクの少ない安全・安心な治療を心がけ、更に最終的な仕上がりが精密で審美的、機能的な結果をもたらす技術とシステムが必須です。担当医との信頼関係を基礎に、術前の十分な説明を理解したうえで治療をお受けください。

*インプラント・リノベーション(最先端インプラント治療)
 インプラントの世界水準は、今日アメリカの有名な専門医らによってリードされる時代となって来ました。米国の複数の権威ある学会、専門ジャーナルなどから、診断レベルでCTレントゲンを応用し手術シュミレーションを行うテクノロジー、顎の骨を欠損したケースへの骨及び軟組織増大術の発展、全く自然の歯と見比べても分らない自然な審美的仕上がりの為のテクノロジー、患者さんの笑顔、歯の見え方自体を変更し美しく仕上げる最新技術、通常時間のかかるインプラント治療を、できるだけ短期間に終了する技術、これまでのトラブルを研究してより成功率を上げる新素材や製品開発などが挙げられます。
 当医院では、徹底した学術活動を通じ米国専門医の最先端技術を提供する為の努力を継続的に行います。

ぺリオ・インプラントセンター

*インプラント治療の成功の定義

*アメリカより最先端のインプラント治療開始!

*欠損箇所による各インプラント治療の流れ

*インプラントの種類

*適応症と解剖学的限界

*インプラント適応症の拡大

*治療期間と治療順序

*メインテナンスが長期的健康維持に必要

Implant インプラント治療

約近年インプラントを扱う歯科医院が急増しており、案外どの歯科医院でもインプラントを希望すれば対応してくれることが多くなって来ました。

 しかしながら私見として、インプラント治療にはそのクオリティーに格差が大きく、非常にレベルの高いインプラント治療から粗悪な技術で対応する場合までが存在します。

 その違いとは、インプラント製品にも国産から外国製など、安価で精度の低い製品から高給で精密な製品まで20種類以上が流通しています。手術法も簡便で不精密な設備で対応する場合から、高給で正確な手術を行うシステムを用いて行う場合でも格差があります。

 技術的には、海外文献や海外の学会で入手した最新情報を採用し、十分トレーニングを積んでから患者さんの手術に臨むべきですが、必ずしもそうでない歯科医も存在します。

 結果的にはインプラントがしっかり骨につくか否かの問題でなく、審美的に美しい仕上がりになるか、最終的に清掃しやすい形態になるか、よく噛めて術後に快適性を実感できるかなどのクオリティーの格差が出てくるものなのです。

 インプラント治療こそ、良い歯科医選びが一番重要なファクターとなると思われます。

審美歯科治療

*審美歯科とは

*さぶり歯科の審美歯科

*総合的審美歯科治療

審美歯科治療の概要

*美しい歯並び

*美しいスマイル

*美しい顔貌

*インプラント

*クラウン・ブリッジ

*ラミネートベニア

*プロセラ(オールセラミック)

*ZiReal Post(ジルコニア)

*CR(光重合レジン)

*ホワイトニング

Total Esthetic Dentistry 総合的審美歯科治療


 特審美歯科もインプラント同様、宣伝文句として多くの歯科医が対応する時代となって来ました。当医院の審美歯科の特徴は、単にホワイトニングやセラミック修復(ラミネートベニアなど)で歯を白く形作ることだけではありません。

 実際の臨床で見かける歯科的な審美的問題とは、歯の色と形態の不良・歯並びの不良・歯肉の色や形態の問題(歯肉がやせて歯が長く見える等)、口唇や口元の突出感、顔貌(顔の輪郭)の変形など、様々な問題が複雑に組み合わさっている場合が多く認められます。

 これらの問題全てをまず正確に診断し、事前にどこまで治療を行うかのカウンセリングを行った上で、インフォームドチョイスに基づくゴール設定が重要です。

 そのためには、歯周外科治療、矯正治療、口腔外科治療、審美インプラント治療、審美修復(オールセラミッククラウンやラミネートベニア等)の専門的技術を駆使した包括歯科治療が必要となります。当医院では、特にこの分野の研究を重点的に行い、最先端のテクニックを用いて患者様の特別の要求に答えるべく最大級努力いたします。

矯正歯科治療

*矯正歯科治療とは

*スタンダードな矯正治療(エッジワイズ法)

*審美的矯正治療

*舌側矯正治療

*インプラント矯正

*ペリオルソ(歯周矯正治療)

*外科矯正治療

*A.O.O.(歯周外科を伴う治療期間を短縮する矯正治療)

*MTM(部分的矯正治療)

Inter-disciplinary Orthodontic Therapy 総合的矯正治療

 矯正治療については、通常の専門医の行う矯正治療はもとより、特に成人矯正の分野において、LOT(部分矯正治療)・歯周矯正治療・ミニインプラントを用いた矯正治療・歯周外科を併用し短期間で終了するスピード矯正・舌側(裏側に装置を用いる見えない)矯正・透明のマウスピースを応用したインビジラインRやクリアライナーRを用いた見えない矯正治療・口腔外科専門医に紹介し顎骨切除手術を伴う外科矯正などを、総合的に行います。

 また矯正治療だけでは対応できない場合もあり、インプラント治療やセラミック修復治療を組み合わせた包括治療を行う事により、最大級の審美的結果を追求します。

精密補綴治療・咬合再構成治療

 殆どの歯科医は補綴と呼ばれる、クラウンやブリッジ、可徹式の義歯(入れ歯)の治療を行います。しかしながらいかに正確で審美的な治療結果をを求めるかには大きな格差がある事も事実です。

 例えば、印象と呼ばれる歯型をとる技術の誤差には、最高では50ミクロンと殆ど隙間なくぴったり適合するレベルの技術と、100倍以上の誤差の出る不適合の入れ歯を入れる技術では雲泥の差があると思われます。当然より精巧な技術にはコストがかかり、治療費も高くなってしまう事はやむを得ません。

 また「咬み合わせこそが歯科医療の重要課題」と言われるほど、歯科医側から咬合の重要性が認識されていますが、理想的な咬合を精密に構築することほど技術的に難しい仕事はありません。

 結果を求めるレベルには歯科医によって格差が大きく、「ただ咬めれば良いではないか」という意見もある中で、いかに精巧に、適切な上下の歯の咬合を創造するかは当医院の重要なテーマとなっています。

 また不適切なかみ合わせは、顎関節症の原因となり、医原性の顎関節症も残念ながら多く認められることも事実なのです。

予防または早期治療が最重要

 専門的でかつ総合治療は歯科医側からはやりがいのある、骨の折れる仕事には違いないが、患者様の立場から見れば、費用と時間を必要とし、ときには何らかの痛みを伴う大変な出来事になる事は間違いありません。

 生涯を通じこの様な複雑な治療を受けることなく、完全に歯科的な健康状態を維持し、疾病を予防することが最も重要と思われます。万一カリエスや歯周病等が発症しても、出来るだけ初期の簡単な治療で終了できる段階で対応した方が得策です。

 そのためにも、当医院では精密検査を行い初期で小さな病気の発症を見つけ出し、予防または初期治療だけで済むようにアドバイスをさせていただきます。

 歯周病のみならず、メインテナンスを通じ、3か月に1回は通院し、検査及び歯の専門的なクリーニングを継続して受けていただくことをお勧めいたします。


Inter-Disciplinary Approach包括歯科治療

 これはなじみのない、分かりにくい用語と思われますが、矯正治療や口腔外科治療、歯周病治療、インプラント、審美歯科治療など米国では専門医が担当する特殊な技術を総合的に組み合わせ、最高の治療結果を達成する為の新たな治療コンセプトです。

 この為には歯科医は相当専門的な研究と技術研鑽を行うと共に、ときには他の専門家と共同して一人一人の患者さんの治療を行う必要があります。

 当医院では、非常勤の矯正専門医と協力し、ときには大学病院の外科専門医に一部の治療を担当していただく場合があります。また特殊な手術に対して、麻酔専門医を呼び、静脈鎮静法などを行い無痛的で不安のない手術を行うように心がけます。


JIADSとは、日本で最高峰の専門歯科医師を養成する機関で、当院の院長は東海3県中唯一の講師として、若手歯科医師の育成に精力的に活動しています。







矯正歯科デーモンシステム

Copylight(c) 2003 DENTAL OFFICE SABURI
名古屋市中区錦1丁目
無料でSEOならSEO.CUG.NET インプラント.NET インプラント 愛知県