無料カウンセリング・セカンドオピニオンのご予約・お問い合わせ

【受付時間】平日 10:00-19:00、土 10:00-18:30 【休診日】木曜、日曜、祝日

2021年12月3日

欠損補綴について


皆さんこんにちは!

さぶり歯科では、インプラント治療をご希望する方が数多くいらっしゃいます。

「前医院で抜歯といわれた。」「義歯にはしたくない」などの理由でインプラントを希望する方は多いです。

世の中に欠損補綴と言って、歯が無いところに被せ物を入れる方法は以下の3つです。

  • 義歯
  • ブリッジ
  • インプラント

があります。

 一般論として、3つのメリット、デメリットをまとめました。

当医院では、「健康な歯を削りたくない」という方が多いため、インプラントを選択する方が多いです。ただし、費用対効果をを考えてブリッジを第一選択として考える方もいらっしゃいます。

今回は、インプラントについてお話しします。

初診で来られた患者さんで、「周りの友達にインプラントは良くないと言われた」とおっしゃっている方が多いです。

インプラントにはたくさんの種類があり、インプラントに対する考え方や、治療方法は施術する医師によって変わります。

ソース画像を表示

当医院の院長は、ジンマー・バイオメット・デンタルの3iインプラントを扱っています。

3iインプラントは世界的にシェアされており、日本でも数多くの医師が扱っています。

インプラント治療を正確に行うことのできる歯科医は、全ての歯科医学を高度にマスターした、優秀な知識と技術を有する歯科医であることが最も重要な要素と言えます。

インプラントには、構造や、性質、素材など多数あり、歯科医師が行う治療法も様々な方法があります。

インプラントの価格がそれぞれの医院で違うのは、それが理由です。

安ければいい、早ければいい、というわけではないということです。

歯周病により、歯を失いインプラントが適応となる症例が大半です。全額的に歯周病の専門治療とインプラントを同時に行う歯科医がインプラントの専門家ということが言えます。

当医院の院長は、海外の学会などでも発表する歯周病の専門医です。さらに、世界トップシェアのインプラントを、30年間取り扱っており、数多くの症例をこなしてきました。高い技術と知識でインプラントを長く使ってもらうために、ベストな治療を提供できるように努めています。

当医院では、無料カウンセリングもございます。ご気軽にご相談ください。https://www.excellent-dental.com/appointment.htm