Topics
トピック ス
  First

はじめに
  Concept
コンセプト
  Service
サービス
  System
治療システム
  Menu
治療メニュー
  Implant
インプラント
  Cases
症例
  Chair
診療室と設備
  Price
料金表
  Guide
医院のご案内
  Staff
スタッフ紹介

 昨今の未曾有の厳しい時代を迎えた日本の歯科界において、歯科医療に対する夢や情熱を失いかけている歯科医が増大しています。あえて今、歯科医の意識改革を目指し、歯科診療哲学を見直す事から始めることが真の成功を勝ち取るための一つの方策となり、日本の歯科医療発展にも重要と考えます。この度、当会の特別事業として、このテーマに精通し、長年にわたり理想診療を実践された川村貞行先生をお招きし、「歯科医療における成功と幸福を求める方策」と言う趣旨で御講演を頂きました。
川村先生講演内容抜粋
 成功した歯科医業には確固たる基盤が存在する。成功基準を財政面だけでなく、広範囲に様々な要素を組み入れ、歯科診療内容と、先生とスタッフの充足した、すばらしい生活を含めて評価しなくてはならない。 

 歯科医業における成功と幸福、ならびに満足を見出す最善法がある。それは患者の問題を予知的に解決できる専門知識を、いかに患者にサービスするかを学習することである。心からの配慮とは、利益を無視して医療行為をすることを意味するのではない。私たちの職業は人に対する歯科医療サービスのビジネスであり、より良くビジネスを管理し、歯科医療をより良くするのである。

 成功のために支払うべき犠牲がある。しかし、コミットメントしないと、その機会を逸するのである。

 このセミナーは、諸先輩からの継承として、歯科医業と家族生活の成功の基礎を形成する臨床技能と医療管理概念の基本的技能の概要を提示する。

講師 川村貞行先生略歴
1957年 大阪歯科大学卒業

1961年 医療法人川村会創立理事

1962年 川村歯科平和ビル診療所開設

大阪デンタルリサーチグループ(O.D.R.G.)創設会員

1969年 大阪歯科大学第三補綴教室非常勤講師

1972年 Pankey Instituteと提携し

Dental Reserch International 設立 DRIコース開始

1983年 川村歯科診療所開設

2003年 引退

おもな著書・訳書
1973年 己を知り患者を知れ

1975年 Bob Berkley :

SUCCESSFUL PREVENTIVE DENTAL PRACTICES

1980年 James Allen : 人は思考するように

1980年 L.D.Pankey : パンキー歯科診療哲学

1993年 Peter E Dawson : オクルージョンの臨床

所属学会 日本補綴学会

アメリカ歯科医療管理学会元会員

開催日時・場所

2008年6月29日(日)

10:00〜17:00

愛知県芸術文化センター 12F

アートスペース A

名古屋市東区東

セミナーのスナップ
佐分利会長の挨拶
リンク
川村歯科診療所
http://www.kawamuradental.ecnet.jp/

大阪デンタルリサーチグループ(O.D.R.G.)
http://www1.ocn.ne.jp/~gagyou/

THE PANKEY INSTITUTE
http://www.pankey.org/