無料カウンセリング・セカンドオピニオンのご予約・お問い合わせ

【受付時間】平日 10:00-19:00、土 10:00-18:30 【休診日】木曜、日曜、祝日

ブログ

ブログ

2020年9月24日

歯周病について


こんにちは!名古屋市のさぶり歯科です。

今日は、歯周病についてお話させて頂きます。

そもそも歯周病とは、どのような病気なのか、皆様ご存知でしょうか?

歯周病とは、文字どおり歯を支えている周りの組織の病気のことを言います。  

健康的な歯ぐき
歯周病が進行した歯ぐき

歯周病の原因は清掃不足!

歯と歯ぐきの境目に汚れがたまり、ずっと汚れが取れていない状態が続くと、歯ぐきが発赤したり、腫れたりしてしまいます。この状態を歯肉炎といいます。この歯肉炎が進行すると歯ぐきの炎症が歯を支えている骨にまで及んでしまいます。骨が吸収し、下がってしまうと歯がグラグラするような症状があらわれてきます。そして、最終的には歯を抜かなければならなくなります。

歯周病はどうやって治すの?

歯周病の治療は、歯周基本治療と、歯周外科治療の2つに分けられます。

  • 歯周基本治療

歯周基本治療は、メインテナンスでさせて頂くスケーリング(歯石除去)、歯ぐきの中の歯石除去(SRP)、ご自身で行う毎日の歯磨きのことを指します。

歯周病の第一の原因は清掃不足であるため、まず、ご自身で汚れを落としてもらうセルフケアがとてもとても重要になってきます。当医院では、そのサポートとして歯科衛生士が口腔内のチェックをさせて頂き、汚れの有無や、歯ぐきの状態にあった歯ブラシを処方させて頂きます。また、普段の歯磨きがより良いものになるようにアドバイスをさせていただきます。

  • 歯周外科治療

一度吸収してしまった骨は、外科的な処置を行わないと増やすことができません。

当医院の院長は、日本歯周学科専門医、日本臨床歯周学会指導医などの資格も保持しており、日本だけではなく、アメリカの歯周病学会の学会員でもあります。常に最新の知識と技術で患者様に対応できるよう日々研鑽を積んでおります。

歯周病のセルフチェック!

  • 歯磨きの時に出血をする。
  • 口臭が気になる。
  • 歯が長くなったような気がする。
  • 歯ぐきが赤くはれている。
  • 朝起きた時に口の中がねばねばする。
  • 前歯が出っ歯になってきて、歯と歯の間が空いてきたような気がする。
  • 歯ぐきが痛い。
  • 歯かぐらぐら揺れている。
  • 硬いものが咬みづらい。

3つ以上当てはまった方は歯周病が進行している可能性があります。一度当院にお越しください。3つ以上当てはまらなくても早い目早い目の対応が大切なので気になる方もお越しください。一緒に歯周病予防をしましょう!

お気軽にご相談ください。

お電話でのご予約は、052-221-1777まで

無料カウンセリング
Free Counseling

  • 他の医院で「治療できないと言われたが、本当にできないのか?
  • 自分には、どのような治療の可能性があるのか?
  • これ以上の治療は難しいと言われた
  • 私でも再生治療が可能なのか診てほしい
  • 治療の費用を確認したい
  • 治療の回数・期間を確認したい
  • 今後どうしたら良いのか?幅広い視野で検討して欲しい
  • 歯をどうしても残したい・抜歯したくない
  • もう歯のことで悩むのは最後にしたい
  • 精密根管治療、歯周再生治療がどんな治療か詳しく知りたい

上記のような方は、無料カウンセリングの受診をお勧めいたします。無料カウンセリングを受けたからといって、当院で治療を開始する義務はありませんので、安心して受診ください。

無料カウンセリングについて
詳しくはこちらから