無料カウンセリング・セカンドオピニオンのご予約・お問い合わせ

【受付時間】平日 10:00-19:00、土 10:00-18:30 【休診日】木曜、日曜、祝日

顎関節症

顎関節症とは

顎関節症とは

  • 顎関節や咀嚼筋の疼痛関節(雑)音
  • 開口障害あるいは顎運動異常

を主症状とする傷害の包括診断名です。

その病態は、

  • 咀嚼筋痛障害
  • 顎関節痛障害
  • 顎関節円盤障害および変形性顎関節症

となります。

※2013年日本顎関節学会

顎関節症の3大症状

顎を開け閉めする際の痛み、顎を開け閉めする際の関節の「コリッ」という雑音、口が十分開けることができない、動きにくいという顎運動障害、これらの症状の一つでも当てはまれば顎関節症を疑うべきです。

顎関節症の原因は?

今日、専門家の中にも様々な意見があり、精神的理由など原因不明との意見もあります。しかしながら、多くの場合不正咬合(咬合異常)が原因であることが多いと思われます。

即ち、上下顎の歯の接触関係にズレが生じると、顎関節の関節頭、関節円盤、関節結節という解剖学的位置関係と、それに付随する筋肉に影響し、構造変化をもたらし、次第に症状が悪化してしまうことが問題となります。

顎関節症患者の一般的な治療法

一般的歯科医の用いる治療法は、一見して大きな咬み合わせの異常があればそれを正し、スプリント(マウスピース)療法を選択する場合が多いです。

しかしながら、必ずしも適切なスプリント療法を、より正確に適応していない場合もあり、かえって症状を悪化せてしまうこともしばしば認められます。

スプリント療法では顎関節症は治らないのか?

治る場合と治らないことが存在します。
即ち、顎関節症にも程度により分類され、またスプリントにも、専門的には様々なタイプの種類があり、いかに診断し、専門的な治療方針を立てることが重要です。

いかに咬み合わせを適正化するかが重要なカギになります。

無料カウンセリング
Free Counseling

  • 他の医院で「治療できないと言われたが、本当にできないのか?
  • 自分には、どのような治療の可能性があるのか?
  • これ以上の治療は難しいと言われた
  • 私でも再生治療が可能なのか診てほしい
  • 治療の費用を確認したい
  • 治療の回数・期間を確認したい
  • 今後どうしたら良いのか?幅広い視野で検討して欲しい
  • 歯をどうしても残したい・抜歯したくない
  • もう歯のことで悩むのは最後にしたい
  • 精密根管治療、歯周再生治療がどんな治療か詳しく知りたい

上記のような方は、無料カウンセリングの受診をお勧めいたします。無料カウンセリングを受けたからといって、当院で治療を開始する義務はありませんので、安心して受診ください。

無料カウンセリングについて
詳しくはこちらから