無料カウンセリング・セカンドオピニオンのご予約・お問い合わせ

【受付時間】平日 10:00-19:00、土 10:00-18:30 【休診日】木曜、日曜、祝日

歯周病の短期治療

歯周病の短期治療「2Day P-Cure」とは?

歯周病治療の平均的な期間は1~6か月です。その期間中に、約6~10回程度の来院が必要となります。

一方、「2Day P-Cure(ツーデイ・ピーキュア」では、1日3時間×2日間で治療を行います。2日連続で行うことも可能ですし、すこし間隔を空けて行うことも可能です。

「2Day P-Cure」を受ける人はどんな人?

  • 多忙のため、何度も来院できない人
  • 一時帰国(帰省)中に治療を終わらせたい人
  • いついつまでに治療を終わらせたいなどの期限がある人
  • 治療途中で挫折したことがある人
  • 以前受けた歯周病治療できちんと治癒しなかった人
  • しっかりと歯周病治療を行いたい人
  • 歯科治療が怖いと感じる人

以上のような方が、「2Day P-Cure」を受診しています。

「2Day P-Cure」のメリット・デメリット

メリット

  • 2日で治療が終わる
  • 難症例(他の医院で断られるような)でも対応可能
    *外科処置が必要な場合もあります。適応かどうか確認されたい方はカウンセリングをご利用ください。
  • 歯周病専門医による歯周病治療が受けられる
  • 鎮静法を併用するので痛みなど苦痛をさけて治療を受けられる
    *鎮静法は無料です。

デメリット

  • 自由診療(健康保険が適応されない)
    *1回3万円×6回分

「2Day P-Cure」の流れ

STEP01カウンセリング

2Day P-Cureについて詳しくご説明いたします。費用、期間、リスクなど。カウンセリングにて説明を聞き、治療を希望されましたら、治療日程を決めて予約をお取りいただきます。

STEP021日目

まず、筋肉注射による鎮静を行います。鎮静は無料で提供しています。麻酔までは強くないですが、鎮静をすることで眠ったような状態で治療を受けることができます。

歯周病治療を3時間行います。

治療後、鎮静が残っている(眠気など)場合は、そのまま診療台にてお休みいただきます。鎮静が取れましたら、1日目の治療が終了となり、帰宅となります。

STEP032日目

1日目と同様、筋肉注射による鎮静を行います。

歯周病治療を3時間行います。

治療後、鎮静が残っている(眠気など)場合は、そのまま診療台にてお休みいただきます。

よくある質問

Q

一般的な歯周病治療との違いは?

A

治療期間が短いというのもありますが、最も大きな違いは歯周病治療結果が大きく違います。精密そして専門的な歯周病治療を受けたことが無い方は一度お気軽にご相談ください。

Q

保険は効きますか?

A

健康保険が効きません。自費診療になります。費用は総額約18万円となります。

Q

重度歯周病も適応される治療でしょうか?

A

基本的に中度歯周病までが適応となります。外科処置が必要となることの多い重度歯周病の場合、必ずしも適応できるとは限りません。お口の中を拝見して、適応かどうかを判断いたしますのでカウンセリングをご利用ください。

無料カウンセリング
Free Counseling

  • 他の医院で「治療できないと言われたが、本当にできないのか?
  • 自分には、どのような治療の可能性があるのか?
  • これ以上の治療は難しいと言われた
  • 私でも再生治療が可能なのか診てほしい
  • 治療の費用を確認したい
  • 治療の回数・期間を確認したい
  • 今後どうしたら良いのか?幅広い視野で検討して欲しい
  • 歯をどうしても残したい・抜歯したくない
  • もう歯のことで悩むのは最後にしたい
  • 精密根管治療、歯周再生治療がどんな治療か詳しく知りたい

上記のような方は、無料カウンセリングの受診をお勧めいたします。無料カウンセリングを受けたからといって、当院で治療を開始する義務はありませんので、安心して受診ください。

無料カウンセリングについて
詳しくはこちらから