無料カウンセリング・セカンドオピニオンのご予約・お問い合わせ

【受付時間】平日 10:00-19:00、土 10:00-18:30 【休診日】木曜、日曜、祝日

歯肉退縮

歯肉退縮とは

歯肉退縮(歯根が露出)

歯の周りの歯茎が減り、本来歯茎に隠れている歯根が露出した状態のことをいいます。

美しい口元をめざすには、白くて、きれいな歯は勿論のこと、歯肉の形態もとても大切です。歯と歯肉が調和することが“本当の美しい笑顔・口元”といえます。たとえば、前歯をセラミックで治療をおこなっても、歯肉の量(が少なかったり)や形態が不良のため様々な問題を引き起こすケースが多く見受けられます。

歯肉退縮の自覚症状について

  • 審美性の低下(歯が長くみえる)
  • 歯根露出に伴う知覚過敏
  • ブラックトライアングル(歯と歯茎の間の隙間)
  • 歯根が露出する
  • 歯の動揺(グラグラする)
ブラックトライアングル

歯肉退縮の原因

歯肉退縮の原因は様々です。以下のようなことが考えられますが、ご自身で原因を追究することは難しいため専門医にご相談ください。

01歯周病の進行によるもの

歯周病は口腔内細菌の感染によって引き起こされる炎症疾患で、歯と歯茎の境目までブラッシングが行き届いておらず不十分なブラッシングが続くと境目の部分に歯垢が溜まると発症します。進行すると歯周組織の一部である歯槽骨が吸収することによって歯肉退縮してしまいます。

02誤ったブラッシングによるもの

毎日のブラッシングでブラシ圧を強くしすぎると歯のエナメル質まで削りとって、歯茎を退縮させてしまいます。特に、硬い歯ブラシを好む方や長時間にわたり、ごしごし磨きをしてしまう方は要注意です。

03矯正治療による退縮

歯に色々な方向から力が加わり移動するため歯肉退縮を起きる場合があります。

04噛み合わせによるもの

咬み合わせが悪いと歯を支える骨に力が加わり負担がかかるためそれにともない歯肉退縮を起こす場合があります。歯ぎしりや食いしばりで知らず知らずのうちに負担がかかっている場合もあります。

05遺伝・バイオタイプに起因するもの

歯肉退縮予防に関連して、歯槽骨と歯肉の厚さの関係は重要で、Maynardの分類で以下の4つに分けられます。

  • Type1:歯槽骨が厚く、付着歯肉の厚さも十分ある。
  • Type2:歯槽骨は厚いが、付着歯肉の厚さは薄い。
  • Type3:歯槽骨は薄いが、付着歯肉の厚さは厚い。
  • Type4:歯槽骨、付着歯肉いずれも薄い。

Type1は歯肉退縮が生じない、Type2、3で歯肉退縮は生じにくい、Type4は歯肉退縮を生じやすいされています。歯茎と骨が両方薄い場合歯肉退縮や骨欠損をおこしやすいType4はもっとも危険です。

06加齢

年齢にともなって病的な退縮とは別に生理的歯肉退縮がおきることがあります。多くの場合は10年で2㎜程度といわれています。

歯肉退縮を放置した場合

歯肉退縮によって露出してしまった歯根面は、とても虫歯になりやすいです。根面にできた虫歯は、「根面う蝕」と呼ばれ、非常に進行が早く、抜歯に至ることも少なくありません。また、歯根が露出することにより、歯が低温のものや甘い食べ物、接触に対して非常に過敏になり不快感をもたらします。

また、歯が長くなったように見えてしまい、審美性も保てなくなります。歯周病を患っている場合が多いため放置すると歯周病の悪化にもつながります。

歯肉退縮の治療方法「歯肉形成術」

  • 歯肉が下がり、歯が長く見える。
  • 左右の歯肉のラインが非対称である。
  • 笑うと歯肉が大きく見える。

などのような場合には治療困難と諦めてしまう場合がほとんどでしたが今日では外科的方法で画期的に健康な歯肉を作ることが可能となってきました。歯肉の形態を整え審美性や清掃性を高める目的の「歯肉形成術」です。これらの技術を用いれば約1時間程度の手術で非常に高い成功率で良い結果を得ることが出来ます。

歯茎の表層は“上皮”、内側は“結合組織”というもので構成されています。歯茎の足りない部分に移植するため主に患者様自身の上あごから“上皮”を切り取り、足りない部分に移植します。

歯肉形成術は2つの技法にわかれています。

1.上皮付結合組織移植術 1-1 遊離歯肉移植術
(角化歯肉の獲得)
2.上皮下結合組織移植術 2-1 結合組織移植術
(露出した歯根面被覆)
2-2 歯肉増大術
(歯肉の厚みを増す)
2-3 歯間乳頭再建術
(歯と歯の間の隙間を歯肉で埋める手術)

どの手術が必要かどうかはレントゲンや歯肉の検査などを行い診断させていただきます。

歯肉退縮の治療方法「歯肉形成術」に伴うリスク

  • 外科処置に伴う痛み、腫れ、出血、皮下出血
  • 一時的な知覚過敏
  • 歯肉退縮した部分がすべて回復するわけではない

また、術後の清掃性が悪い場合やブラッシング圧が強ければ再発する可能性がありますので歯科医師、歯科衛生士の指示のもと正しくブラッシングを行うことが大切です。

歯肉退縮の治療例

症例01

術前
主訴 下の前歯が歯が長いのが気になる
目的 露出した歯根面の被覆 歯肉の厚みを増す
術後 10年経過良好

治療01歯茎を創剥

治療02口蓋(上あご)から結合組織を採取


治療03移植片を移植部位に適合

治療04エムドゲインゲル使用


治療05縫合していきます
剥離した歯茎も縫合し終了

症例02

術前
主訴 歯ブラシを当てると歯茎がチクチクする
目的 歯肉増大術 歯根面被覆 歯周再生治療
術後 11年2か月

治療01切開
剥離

治療02口蓋(上あご)より採取


治療03移植片

治療04同時に再生療法
骨移植もおこないました


治療05縫合

治療06剥離した歯茎も縫合し終了


術後3年
術後11年経過 良好

症例03

術前
主訴 矯正後歯茎が下がったのが気になる
目的 根面被覆 歯肉増大術
術後 6ヵ月

治療01切開

治療02剥離


治療03口蓋(上あご)より採取

治療04結合組織を採取しています


治療05採取した移植片

治療06成形します


治療07口蓋(上あご)縫合

治療08エムドゲインジェル使用


治療09移植片を歯茎に挿入します

治療10内側に移植片を挿入しています


治療11縫合


術後6ヵ月

症例04

術前
主訴 歯茎がさがって気になる
目的 歯肉増大 歯根面被覆 歯間乳頭再建
術後 9年7ヵ月

治療01切開
剥離

治療02移植片


治療03試適

治療04縫合


術後9年経過良好

症例05

術前
主訴 歯ブラシがあてにくい
目的 遊離歯肉移植術 角化歯肉の取得

治療01角化歯肉幅少ない

治療02口蓋(上あご)より採取


治療03移植片

治療04試適


治療05縫合

治療06術後


術後3年 十分に角化歯肉幅を獲得している

今後は日本での最高の笑顔を求めて歯だけではなく歯を支える骨や歯肉の健康と美しさを整える治療の重要性が高まってくると思われます。さぶり歯科では、歯肉の調整や再建を行うことで、素敵な笑顔がいつまでも維持できるように取り組んでおります。お悩みがある方はぜひご相談ください。

無料カウンセリング
Free Counseling

  • 他の医院で「治療できないと言われたが、本当にできないのか?
  • 自分には、どのような治療の可能性があるのか?
  • これ以上の治療は難しいと言われた
  • 私でも再生治療が可能なのか診てほしい
  • 治療の費用を確認したい
  • 治療の回数・期間を確認したい
  • 今後どうしたら良いのか?幅広い視野で検討して欲しい
  • 歯をどうしても残したい・抜歯したくない
  • もう歯のことで悩むのは最後にしたい
  • 精密根管治療、歯周再生治療がどんな治療か詳しく知りたい

上記のような方は、無料カウンセリングの受診をお勧めいたします。無料カウンセリングを受けたからといって、当院で治療を開始する義務はありませんので、安心して受診ください。

無料カウンセリングについて
詳しくはこちらから