無料カウンセリング・セカンドオピニオンのご予約・お問い合わせ

【受付時間】平日 10:00-19:00、土 10:00-18:30 【休診日】木曜、日曜、祝日

2020年12月16日

歯周組織再生療法とは?


歯周組織再生療法とは、歯周病で溶けてしまった骨を回復させることを目的として行います。

*歯周病とは?

このように骨が溶けて歯ぐきが下がることを歯周病といいます。

歯周病と虫歯の違いについて

虫歯・・・”歯”そのものが破壊されていく病気
歯周病・・・”歯を支える周りの組織”が破壊されていく病気

歯周病には軽度~重度とさまざまなレベルがありますが、
自分で気づかない軽度の歯周病も含めると、5人中4人以上が歯周病にかかっているといわれて
いるのが現状だそうです。
この歯周病は歯を失う最も大きな原因といわれています。

*歯周病はどうして起こる??

歯周組織は、歯肉(歯茎)と歯槽骨(歯を支える骨組織)・歯根(歯の根元)を覆うセメント質・歯根と歯槽骨をつなぐ歯根膜からなっており、歯を
正しい位置にしっかりと固定・付着するための強固な構造を備えています。
しかし、日頃の歯磨きが不十分で、歯と歯肉の間に細菌が住み着いて、歯垢(プラーク)が溜まると、そこに炎症が引き起こされます。これが、歯周病への一歩です。

歯周病が進行すると??

歯周病になっていても、最初のうちは自覚症状がありません。鏡でも気づかないと思いますが、
日がたつにつれ、そのうち歯肉が赤くなったり、腫れたりします。プラークが石灰化し、歯石になると、自分では取り除けなくなり、
歯周病が悪化してしまいます。歯周病の悪化とともに歯と、歯肉が付着している部分にすきまができます。その隙間を歯周ポケットといいます。
この歯周ポケットの値が大きく歯周病と関わってきます。
炎症が歯肉の内部に進行すると、歯根膜や歯槽骨が破壊され、歯を固定する力が
だんだん弱くなり、歯が支える部分がなくなっていきます。
この状態のまま放っておくと、ついに歯を失うことになります。

*歯周病の治療法は?


先程お伝えしたように歯周病には軽度から重度までさまざまです。
歯周病が軽度の場合は、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることでなおすことができます。
ですが、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織が大きく破壊されている場合は、歯周組織を回復するための歯周外科手術が
必要になります。

代表的な歯周組織再生療法には、次のようなものがあります。

〇骨移植    (自家骨移植、他家骨移植、人工骨移植があります)
〇エムドゲイン (骨を作るかも?と言われている薬剤を使う方法です)

エムドゲインゲル(EMD)はスウェーデンのビオラ社で開発された歯胚組織を使用した新しい歯周組織を使用した新しい歯周組織再生材料です。
主成分は子供のころ歯が生えてくるときに重要な働きをするタンパク質の一種です。現在の下顎水準に基づく高い安全性確保の元、
幼若ブタの歯胚から抽出精製したもので世界44ヵ国以上で使用されています。

当院でもエムドゲインを使用する歯周組織再生療法を積極的に行っています。
今回は、実際に当院でエムドゲインを使用した歯周組織再生療法についてご紹介します。

この方は、この後、矯正をし補綴をし、最終的にはこのように歯と歯ぐきの間の隙間もほぼなくなり、美しい口腔内になりました♪

包括治療が終わった後の状態です♪

歯周組織再生療法は歯肉を切って骨を露出させる必要があるので、ほとんどの場合、歯周外科治療と同時に行います。

治療が成功するかどうかはどの方法を用いて治療を行ったのかということよりも、スケーリング・ルートプレーニングによって感染物質が徹底的に除去できているかどうかや、毎日のプラークコントロールがしっかりとできているかどうかなどがポイントとなります。

2020年12月15日

さぶり歯科は全国的にトップレベルの技術水準を誇る歯科医院です


キーワード【歯科 最先端治療 包括 セカンドオピニオン】

こんにちはさぶり歯科です。
さぶり歯科では通常の歯科医院では治療困難といわれるほどの難しい症例でも、エビデンスに基づく包括的かつ専門的な治療を行うことにより、理想的な歯科治療を提供することができると自負しています。是非ともクオリティーの高い歯科治療、難易度の高い治療をご希望の方はお気軽にご相談ください。

セカンドオピニオンであっても、カウンセリングを通じ、
最高の治療方法を提案させていただきます。

・包括歯科治療の重要性

究極の歯科治療の目標は、単に痛みや不快感を除去するだけでなく、

  • 見た目の美しさを達成し、
  • より快適に咬めるように治療し、
  • 良い状態を長く維持すること が、必要です。

当院を受診する患者さんは、多くの場合本人は自覚していないが、精密検査を行うと、歯周病、咬み合わせの不良、顎の骨が変形している、以前処置を行った部分が壊れている、等多くの問題が併発していることが非常に多く認められます。

勿論すべての問題を同時に解決するためには、複雑で専門的な技術が必要となり、相当の治療期間と費用が必要になります。精密な検査を行ってすべての問題点を把握することは重要ですが、現実にはあえて積極的な治療は行わないで、専門的メインテナンスだけ続けて、どうしても必要な時期になったら本格治療に移行するという選択も重要となってきます。

完璧な口腔内の健康を求めると、歯周病治療、インプラント治療、矯正治療、修復治療の専門技術を組み合わせた包括治療が必要です。つまり、外科処置とクラウン・ブリッジによる修復治療を合わせた総合治療の必要性が生じます。

・包括歯科治療(inter-disciplinary Therapy)の流れ

  • 初診・応急処置
  • 精密検査
  • カウンセリング(個別の希望などについての相談)
  • 治療計画の立案と契約(治療方法・期間・費用の相談)
  • 歯周病の基本治療(ブラッシング指導、歯石除去、仮歯等)
  • 特殊な専門技術(歯周外科・インプラント・特殊矯正治療)
  • 精密修復治療(審美的精密セラミック修復治療等)
  • メインテナンス(治療終了した状態の長期定期維持管理)

基本的には年単位の治療期間が必要で、
上記の手順で、段階的に治療を進めていきます。治療内容や機関に関しては、
ホームページ内の症例もご参考にしてください。

・さぶり歯科がトップレベルである根拠

当医院の歯周病治療・インプラントの技術水準は世界的にも高い評価を得て、世界的にもトップクラス、東海地区ではNo1の実力であることが証明されました。

1開業以来、米国専門医を手本にした患者中心主義の医院運営を実践する
2積極的に国内外での学会発表、講演活動を行い高い評価を得ている
3学術論文掲載等、執筆活動の量とその内容が高く評価されている
4日本で最高峰の歯科研修期間(JIADS)の講師として活躍している
5日本歯周病学会、日本臨床歯周病学会指導医として活躍している
6地元でスタディグループ(ESC)を主催し、若手歯科医の教育にも活躍している
7地元大学病院とも密に連兼し、情報交換を積極的に推進している
8国内外の権威のある歯科学会にすべて所属し、研究活動を実践している

・インターディシプナリー歯科治療とは

米国の一部の専門医集団には、最先端で高度な専門治療を行う歯科医が連携を組んで一人の患者さんを理想的な治療結果を得るためにコラボレーションするというシステムがあります。日本の現状では今のところ困難ですが、当医院ではこれらをさらに発展させ、他の専門医ともコラボして理想的な治療を追求しています。重要なのは院長が総合的な専門分野全体を研究し十分理解したうえで総合治療(包括歯科治療)のコーディネーターとなり、特に外科処置については無痛治療を行うための麻酔専門医や、複雑な矯正治療を行う専門医、難しい根管治療を担当する歯内療法専門医、全身麻酔が必要な外科処置は大学病院口腔外科に依頼するなどの協力体制をとり、積極的に包括的な専門治療を駆使することを重要視しています。

これはよく見かける難しい治療は単に大学病院に紹介するということではだめで、一生涯口の中の安定と健康を保ち、いかなる問題も解決し、理想的な審美性・機能性・永続性と安定性を達成する動的治療を完成し、その後もメインテナンスを通じてよいコンディションを永久に維持して頂くサポートを最大限させていただくことを目標に掲げています。

・さいごに

誰でも、手術を含む大掛かりな治療は避けたいと思います。しかしながらさぶり歯科では、これまで相当複雑で重症な問題があるかんじゃさんを多く手掛けてきましたが、どなたも悩んだあげく決断し、最終的には満足の行く理想的な口腔内を手に入れることができました。

更に「美しいスマイル(笑顔)」が蘇るということは、人生全般が成功するためにも重要な要素であるとさぶり歯科では考えています。

今後は日本での最高の笑顔を求めて歯だけではなく歯を支える骨や歯肉の健康と美しさを整える治療の重要性が高まってくると思われます。 さぶり歯科では、歯肉の調整や再建を行うことで、素敵な笑顔がいつまでも維持できるように取り組んでおります。お悩みがある方はぜひご相談ください。

2020年12月14日

歯肉が下がってきたなと感じている方へ


こんにちは。

さぶり歯科です。

ようやく寒くなり冬らしくなってきましたね。

今年は自粛の年末年始となりそうなのでぜひ歯科の正しい知識をお勉強していただけたら幸いです。

今回は歯肉退縮についてお話します。

歯肉が下がってきたなとかんじていらっしゃる方はぜひよんでみてください。

当院のホームページにも新しく歯肉退縮のページが加わりましたのでぜひご覧ください。

歯肉退縮とは・・・・

歯の周りが歯茎が減り本来歯茎に隠れている歯根が露出した状態のことを言います。

美しい口元をめざすには、白くてきれいな歯は勿論のこと、歯肉の形態のとても大切です。

歯と歯肉が調和することが本当の美しい笑顔・口元といえます。

たとえば前歯をセラミックで治療をおこなっても、歯肉の量や形態が不良のため様々な問題を引き起こすケースが多く見受けられます。

歯肉が下がり歯が長く見える、左右の歯肉のラインが非対称である、笑うと歯肉が大きく見えるなどのような場合には治療困難と諦めてしまう場合がほとんどでしたが今日では外科的方法で画期的に健康な歯肉を作ることが可能となってきました。

歯肉の形態を整え審美性や清掃性を高める目的の【歯肉形成外術】といいこれらの技術を用いれば約1時間程度の手術で非常に高い成功率で良い結果を得ることが出来ます。

歯肉退縮で起こる自覚症状

審美性の低下 

歯が長くみえる

歯根露出に伴う知覚過敏

ブラックトライアングル 

歯と歯茎の間の隙間 歯根が露出する

歯の動揺

歯肉退縮の 原因

歯肉退縮の原因は様々 ご自身で原因を追究することは難しいためご相談ください

1.歯周病の進行

歯周病は口腔内細菌の感染によってひきおこされる炎症疾患で、歯と歯茎の境目までブラッシングが行き届いておらず不十分なブラッシングが続くと境目の部分に歯垢が溜まると発症します。進行すると歯周組織の一部である歯槽骨が吸収することによって歯肉退縮してしまいます。

2.誤ったブラッシング

毎日のブラッシングでブラシ圧を強くしすぎると歯のエナメル質まで削りとってしまったり 歯茎を退縮させてしまいます。特に硬い歯ブラシを好む方や長時間いわたりごしごし磨きをしてしまう方は要注意

3矯正治療による退縮

歯に色々な方向から力が加わり移動するため歯肉退縮をおこう場合がある

4噛み合わせ

咬み合わせが悪いと歯を支える骨に力が加わり負担がかかるためそれにともない歯肉退縮を起こす場合があります。歯ぎしりや食いしばりで知らず知らずのうちに負担がかかっている場合もあります

5遺伝

 バイオタイプ 歯を支えている骨や歯茎の厚さを分類 歯肉退縮予防に関連して,歯槽骨と歯肉の厚さの関係は重要で,Maynardの分類で以下の4つに分けられます。

Type1:歯槽骨が厚く,付着歯肉の厚さも十分ある, Type2:歯槽骨は厚いが,付着歯肉の厚さは薄い, Type3:歯槽骨は薄いが,付着歯肉の厚さは厚い Type4:歯槽骨,付着歯肉いずれも薄い。 Type1 は歯肉退縮が生じない,Type2,3で歯肉退縮は 生じにくい,Type4は歯肉退縮を生じやすいされています。 歯茎と骨が両方薄い場合歯肉退縮や骨欠損をおこしやすい Type4はもっとも危険

6加齢

年齢にともなって病的な退縮とは別に生理的歯肉退縮がおきることがあります 多くの場合は10年で2㎜程度といわれています 。

歯肉退縮を放置した場合は次のことが考えられます。

歯肉退縮によって現れた歯根面は、とても虫歯になりやすいのです。 根面にできた虫歯は根面う蝕を呼ばれ、非常に進行が早く抜歯に至る事も少なくありません。 また歯根が露出することにより、歯が低温のものや甘い食べ物、接触に対して非常に過敏になり不快感をもたらします。 歯が長くなったように見えてしまい、審美性を保てなくなります。 また歯周病を患っている場合が多いため放置すると歯周病の悪化にもつながります。

歯肉が下がり歯が長く見える、左右の歯肉のラインが非対称である、笑うと歯肉が大きく見えるなどのような場合には治療困難と諦めてしまう場合がほとんどでしたが今日では外科的方法で画期的に健康な歯肉を作ることが可能となってきました。

歯茎の表層は“上皮”、内側は“結合組織”というもので構成されています。 歯茎の足りない部分に移植するため主に患者様自身の上あごから“上皮”を切り取り、足りない部分に移植します。

歯肉形成術は2つの技法にわかれています。

1上皮付結合組織移植術➡遊離歯肉移植術(角化歯肉の獲得)

2上皮下結合組織移植術➡結合組織移植術(露出した歯根面被覆)             歯肉増大術(歯肉の厚みを増す)             歯間乳頭再建術(歯と歯の間の隙間を歯肉で埋める手術)

どの手術が必要かどうかはレントゲンや歯肉の検査などを行い診断させていただきます。

手術に伴うリスク

外科処置に伴う痛み、腫れ、出血、皮下出血 一時的な知覚過敏 歯肉退縮した部分がすべて回復するわけではない 術後の清掃性が悪い場合やブラッシング圧が強ければ再発する可能性がありますので歯科医師、歯科衛生士の指示のもと正しくブラッシングを行いましょう。

今後は日本での最高の笑顔を求めて歯だけではなく歯を支える骨や歯肉の健康と美しさを整える治療の重要性が高まってくると思われます。 さぶり歯科では、歯肉の調整や再建を行うことで、素敵な笑顔がいつまでも維持できるように取り組んでおります。お悩みがある方はぜひご相談ください。

2020年12月5日

咬合病をご存知ですか?


こんにちは!さぶり歯科です!

皆さんは、咬合病をご存知ですか?

咬合病とは、「咬み合わせ」が悪いことを言います。

患者様が歯科医院を受診する理由は、虫歯や歯周病がある場合だけとお考えの方が大部分であると思われます。

しかし、当医院で総合的な検査をすると、「咬み合わせが悪い」という問題を抱える患者様が非常に多いのが現状です。

「咬み合わせ」とは上下の歯の接触関係と言う事ができますが、もともとすべての歯が均等に接触し、整合性のとれた美しい上下歯列と、理想的な噛み合わせの人はむしろ稀です。

また、咬み合わせが悪いにもかかわらず、異常を自覚していない人がほとんどです。

「咬み合わせ異常」を「咬合病」と呼ぶことができます。これは、程度問題でありますが、不良な咬合関係を放置すると、下顎の位置がずれてしまい、顎関節の位置も変化し、夜間睡眠中に咀嚼筋という筋肉が異常に緊張するため、様々な歯科的問題が発生します。

「咬合病」により引き起こされる様々な歯科的問題とは、単に食事中に咀嚼しにくいだけでなく、「咬耗(コウモウ)」という歯がすり減る現象、夜間睡眠中の「歯ぎしり」や「くいしばり」、それにより歯が割れてしまったり、歯並びが移動して乱れてしまいます

また、「顎関節症」を発症し、肩こりや片頭痛、口を開いた際に関節がコリコリ音を発症する、口が開かなくなる等、さらに進行すると顎の骨(骨格)までが変形して顔の輪郭までが曲がってしまう事も引き起ります。

ソース画像を表示

咬合治療の専門医は、様々な審査と診断から予防と治療方針を正確に計画して説明し、より適切な治療ができる、歯科医全体の中でも少数派の専門家です。

専門医による咬合治療とは

1 咬合調整

噛み合わせの高い部分を削ったり、部分的に足して均等の接触関係を構築する。

2 スプリント療法

  マウスピースの様な装置を作成して、夜間に装着する。

 矯正治療

  審美目的だけでなく、機能的に正しい咬み合わせを作り出す矯正治療

4 クラウン・ブリッジによる咬合関係適正化

5 咬合再構成治療

  顎のずれを修正し、全額的にすべての歯の咬合関係を理想的に構築

特に咬合治療は、歯科治療の中でも非常に専門性が要求され難しい場合が多く、知識と技術が不足した歯科医による治療では、状況が一層悪くなってしまう場合も認められます。

多少なりとも咬み合わせが気になる方は、放置することなく是非専門医を受診して、まずは精密な検査をお受けになることをお勧めします。

当医院では、無料カウンセリングもございますのでご気軽にご相談ください。→https://www.excellent-dental.com/appointment.htm