無料カウンセリング・セカンドオピニオンのご予約・お問い合わせ

【受付時間】平日 10:00-19:00、土 10:00-18:30 【休診日】木曜、日曜、祝日

2021年1月29日

インプラントってどんなものがいいの?


こんにちは

さぶり歯科です。

今回はインプラントメーカーについてのお話しをします。

インプラントは世界では100種類以上日本でも30種類以上が流通しています。

メーカーによって規格、素材、部品、術式などが異なります。

患者様からすると

『どこのインプラントを選べばいいの?』

『何が違うか素人にはわからないし…』

『通院中の歯医者さんが取り扱っているメーカーしか選べないし…』

などといったお声が上がってきそうです。

結論からお伝えしますと

インプラント治療が成功し長期的にお口の中で機能するには

手術を行う歯科医師の十分な知識と技術そして経験

           

信頼できるインプラントメーカー

を選ぶ必要があります。

基本的にそれぞれの医院で使用するインプラントは歯科医の判断となります。

国内に出回っているインプラントの中には残念ながら品質や安全性で十分な臨床研究がなされておらず科学的根拠が得られていないインプラントが多数存在しています。

そのため患者様ご自身でも自身の口腔内に埋入されるインプラントがどのようなものかを確認しておくことをお勧め致します。

安心してインプラント治療を受けるためカウンセリングの際に、使用するインプラントメーカー名や特徴を尋ねてみてください。

日本のインプラント治療では、主に厚生労働省で認可されたインプラントが使用されています。

なかでも信頼あるインプラントメーカーとして世界中のインプラントドクターから支持されているのが次の4社です。
・ストローマン社
・ノーベルバイオケア社
・ジンマーバイオメット社
・アストラティック社

この4社はいずれもメーカーも10年以上の長期的な臨床実績があり、科学的根拠に裏付けられた高品質で安全性の高い製品を提供しているため世界の歯科医師から信頼を得ているのです。

当院では開業当初よりジンマーバイオメット社のインプラントを使用しております。
世界中で利用されているインプラントシステムであれば、患者様が転勤や引っ越しで通院している当院を離れる場合でも、お引越し先の地域で同じメーカーを取り扱う歯医者さんを見つけだすことができるでしょう。

つまり、患者様は転居先でもこれまでと同様の治療やメンテナンスを継続できるということです。世界シェアの高いインプラントシステムを選択するということは「世界中の歯科医院で治療を受けられる」という安心感を得られるということにつながるのかもしれません。


続いてインプラントの種類について詳しくお伝えします。

インプラントは別名人工歯根ともよばれますがその人工的な歯根になる部分を歯科用語でフィクスチャーと呼びます。

フィクスチャーの種類には

純チタン チタン合金 チタンニッケル合金 酸化アルミニウムなどがあります。

それぞれの特徴は次の通りです。

●純チタン ➡ 高い強度性があり耐腐食性にも優れている

金属アレルギーの心配がほぼない

多くのインプラントで使用されている

骨と強く結合する

●チタン合金 ➡ 純チタンと同様に骨との結合性が高い。

●チタンニッケル合金 ➡ 純チタンと比較して結合性は劣る。

形状記憶の特性がある。

●酸化アルミニウム ➡ 骨とインプラントの結合が起こらないため現在は使用されていない。

当院で使用するインプラントは勿論純チタンを採用しております。

形状の種類も大きく4つにわけることができます。

●スクリュータイプ ➡ 一般的にはネジの様な形状のスクリュータイプが主流となっています。

埋め込むための穴が小さくて済む、噛む力が骨に伝わりやすいというメリットから、最も多く選択されています。

また骨と接する面積が大きく初期固定が得やすいと言われています。

●シリンダータイプ ➡ 螺旋(らせん)の付いていないネジのような見た目。

スクリュータイプに比べると初期固定が弱いですが、埋め込みが簡単というメリットがあります。

●バスケットタイプ ➡ 外見はスクリュータイプに似ていますが、中は中空で側面にも複数の穴が空いており、空洞になっているのが特徴です。
この穴があることでインプラントの中まで骨が入り込めるため、骨との接触面積が広くなり高い結合力を持っています。
ただし、空洞部分にしっかりと骨ができるように埋め入れる技術が必要で、その中に骨ができなかった場合は、強度が弱くなってインプラント体が折れてしまうおそれがあります。

●ブレードタイプ ➡ 少し前まで多く使われていたタイプです。
板状で幅が狭く細いので比較的骨幅の狭い部分に用いることが可能です。 現在主流のスクリュータイプに比べてインプラント本体の一部に力が集中しやすく、破損や骨吸収(骨が分解・破壊されて減少していくこと)が起こりやすく、現在ではあまり使用されていないタイプです。

当院はスクリュータイプのインプラントを使用しております。

表面の処理の種類

インプラントの表面処理は、ブラスト処理・酸処理・酸化処理・機械研磨処理の4つの方法で処理され、多くのインプラントはこれらを組み合わせています。
ブラスト処理は、鋳造物内面の酸化膜を除去し、粗面に加工することで骨との結合力を向上させる目的で行われる方法です。
酸処理は、ブラスト処理で発生したブラスト材を洗浄する目的などで活用されています。
酸化処理は、チタン表面に酸化チタンを付与することで表面に凹凸が作られています。
機械研磨処理は、表面が滑らかで多くの部分が骨に接触するように処理されています。

インプラント体の表面にハイドロキシアパタイトコーティングをおこなっているメーカーあります。骨にインプラントを埋入後、早期に骨結合をしますが、感染に弱いといわれています。

当院のインプラントはブラスト処理とw酸処理が行われており近代的なハイブリット表面を形成しているフィクスチャーを使用しております。

このようにインプラントメーカーによってフィクスチャーなどの種類 形状 仕上げは様々なのです。

もし今後インプラント治療を行う方はご自身の口の中にどのようなものが埋入されるのかをお調べいただくと安心安全なインプラント治療がおこなえるでしょう。

当院でもインプラント相談を行っております。

ぜひお気軽にお問合せ下さい。

さぶり歯科

052-221-1777https://www.excellent-dental.com/appointment.htm

2021年1月20日

自由診療の根管治療


こんにちは。さぶり歯科です。

初診で診断させていただく患者さんの口の中に存在する大きな問題の多くに、
以前他の歯科医が治療した結果が良くないことをよく見かけます。


保存治療といって、難しい治療でも、安易に抜歯しないで治療を行い、
長く歯を残して機能させることが我々歯科医の基本的使命であります。


しかし、一旦不良な歯科治療を受けてしまうと、
初めて手を付ける場合より格段に再治療が困難となり、
最終的には残念ながら抜歯をせざるを得なくなってしまう事があります。

なかでも、虫歯が進行して歯の深部にまで到達すると、
歯髄(俗に神経とよばれている)に炎症が波及し、歯髄炎となり、
治療としては抜髄(神経をとる)治療が必要になります。

一般的に日本のすべての歯科医は根管治療(神経の処置)を行う頻度が高く、
どの歯医者さんでもこの治療を行います。

ところが日本の平均的な根管治療のレベルは、
世界的に見て非常に低いと言わざるを得ない現実があります。

私の医院でも、過去に根管治療を他の医院で受けた結果を診断すると、
不適切、不完全な治療であることが大半です。
特に根管治療では、様々なトラブルを起こす場合が多く、やり直しができず、
抜歯をしてインプラント治療をしなければならない事もあります。

なぜに日本でこのようなことが起こりやすいのかの原因は、様々考えらえますが、
完全な治療を行うためには、熟練した知識と技術、
十分な治療時間、最新の機材や歯科材料を必要としますが、
残念ながら健康保険における医療費は非常に低く設定されているため、
各歯科医師は赤字にならい様、日常できるだけ節約したシステムで
あわてて治療をしているように思われます。
(治療費は実に米国専門医の18分の1の料金設定)

これでは、歯科医師がかえって悪くしてしまう可能性も否めません。

*最新の根管治療(歯内療法)とは!

米国(ペンシルバニア大学など)専門医が採用する、
治療結果が良好なエンドシステムであり、

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)や、歯科用CTレントゲンによる診断、
より清潔な治療環境、特殊な専門的機材(ニッケルチタンファイル)や、
超音波装置などを使用し、十分な治療時間を用いて丁寧で正確な治療を行うことです。

最近話題のMTAセメントと言う特殊な材料を用いることもあり、
健康保険適応外となります。

最近では日本でも、歯内療法専門で開業する特殊な歯科医もわずかに誕生しています。


私は、医療の分野では「安かろう悪かろう」で、
大切な歯を抜歯しなければならなくなるという理屈は大問題と言えます。

残念ながら根管治療が必要な患者さんは、是非とも自由診療となりますが、
質の高い歯科治療を選択されることをお勧めします。

個別にもっと詳しい説明が必要な方は、是非とも一度当院にご来院ください。

さぶり歯科では、素敵な笑顔がいつまでも維持できるように取り組んでおります。お悩みがある方はぜひご相談ください。

2021年1月18日

矯正治療をご検討の方へ


こんにちはさぶり歯科です!

矯正治療について、またはかかる期間についてお悩みではありませんか?

今回はそのような方へ適応になる高度な矯正歯科治療についてご紹介いたします。

・歯科矯正治療の有効性

最近「成人矯正」といって、40歳代、50歳代の大人の矯正治療が注目されているのをご存知ですか?

歯列矯正は通常子供のうちに治療するものというイメージが定着していますが、歯列不正を放置したまま大人になり、歯列不正が理由で重症の歯周病や虫歯になってしまった口腔内全体を完璧に治療するために、結局40代、50代になってから矯正治療が必要となる患者さんが増大しています。

成人矯正では、すでに抜歯されて歯の本数が減少していたり、重度の歯周病で歯がぐらぐらしていたり、歯を削ってクラウンやブリッジで歯科治療がされている場合が多く見られます。

したがって、特殊な対応として、ミニスクリューを用いる「インプラント矯正」や、外科的に歯槽骨切除を行い、より早く治療するスピード矯正や、矯正治療を用いることにより歯周病で失われた骨を増大する最新の技術など、最先端の技術を併用して口腔内の条件を整えます。

その上で、インプラントやセラミック修復を応用することで、完璧に美しい口元を再構築する「歯周矯正」という新しい概念が欧米の専門医の間で取り上げられるようになってきました。

重篤な病態の口腔内を治療するには、時間と費用が必要ですが、

今回ご紹介する

等の最先端の矯正技術を応用することで、不可能と言われた噛み合わせの問題を解決に導くことができたり、

といわれる所以の、従来、矯正治療の欠点であった期間を短縮できる方法を用いることで、治療困難で重症な患者様にも、満足の行く結果を得ることができるようになってきました。

基本的に歯列不正は歯科的に大きな問題です。

たとえ年齢が高くても、あきらめないで是非とも治療をご検討ください。

2021年1月7日

顎顔面・包括治療とは


こんにちは!さぶり歯科です。

今日は、顎顔面・包括治療についてお話させていただきます。

顎顔面・包括歯科治療とは、歯科先進国といえる欧米の専門医らが推奨する、「包括歯科治療」を参考に、主に4つのカテゴリーの専門治療を合体し、歯科領域の審美性と機能性の改善だけでなく、治療結果の永続性と安定性を追求する歯科診療システムです。

<どんな治療を行うのか?>

これは単に歯や歯列、歯周組織の領域のみならず、頭蓋・顔面とのバランス、QOL(quality of life : 生活の質)までも治療することを目標とします。

 主な治療内容は、

1 歯周病の専門治療

2 インプラント及び骨増大術

 新しい矯正歯科治療システム

4 クラウン・ブリッジ等の精密補綴治療・咬合治療

この4つを組み合わせることにより、いかに術前に大きく崩壊した口腔内であっても、理想的な咬合及び顎顔面・骨格構造を再構造を再構成して理想に近づけることを目標にする歯科診療システムです。

<治療の順序は?>

 診査・診断

  ⇩

 治療計画の立案とインフォームドコンセント

  ⇩

3 具体的治療の実践

  ⇩

4 リコールメインテナンスによる永続性と安定性の追求

という構成になっております。

<診断・治療計画とは?>

診断レベルでは、従来からあり基本的な検査・歯周病検査、咬合の検査だけでなく広範囲撮影型歯科用CT撮影、特殊なソフトウェアによる3D顎顔面分析、顎運動解析装置の使用などの特殊な新しい精密検査も行い、顎顔面も踏まえた全額治療の診断・理想的な治療計画の立案(設計)を行います。

その後に、検査データ及び見積書を整備した資料を作成して、患者さんが十分納得のいく治療説明(カウンセリング)を行います。

<今後の発展と普及活動>

この全く新しい包括歯科治療のコンセプトは、現在優秀な日本の歯科医師たちにも注目され、当院の院長は全国的に歯科医師向けのセミナーや講演会活動を積極的に行っています。

当医院では、「現在歯科治療中であるがうまく治らない」「治療結果に満足できない」「他の歯医者を受診したが、うまく治せないと言われた」などを訴えて来院される患者様が多くいらっしゃいます。

当院では、無料カウンセリングもございますので是非ご相談ください。 ➡https://www.excellent-dental.com/appointment.htm